梅屋敷 新館 8月9日の記録 羽田編

8月9日の記録 羽田編

長くなりそうなのでカテゴリで分けますね。
まずは羽田編です。

前日、私にしては寝る時間が遅かったのに6時半くらいに目が覚めた。
もう年寄りの様だ・・・。
布団の上でウダウダしてたんだけど暑くて寝れそうもないので7時過ぎには起きた。
がっちりマンデーやサンデーNEXTなんかを見ながら洗濯したり部屋を片付けたり。
次男は楽しみで楽しみで仕方がない様子で「ねーまだー」と早々と家の外で待ってるし。

飛行機の時間は4時10分なんだけど早めに行って空港でごはん食べましょか、と言う事になったので12時ごろには家を出る事に。
ちょっと早いかなーとも思ったんだけど、間に合わないよりはいいかなーとの判断。
道や駐車場が混んでるかもしれないしね。

私は家を出ちゃうと秋田に直行なので忘れ物をしないように再チェック!
翌日のゴミもまとめて床下にバル○ン焚いて出発。

なぜに夏イベ後に秋田に直行になってしまったのかと言うと、子供たちが飛行機で行くからなんですね。
2人で大人料金片道分、3諭吉な訳ですよ。
じゃー車組はETC休日千円に乗っかるしかないじゃない!ってな事になりましてね。
日曜日の24時までに東北自動車道の川口インターを通過すればOKなので、逆算すると10時位には家を出ないと間に合わない。
そうなると私がライブ後に家に帰ってる時間はないんですわ。
なので運転手さんは実家に寄って母を乗せてから赤レンガ経由で秋田に行く事になってしまったのです。

で、なぜ飛行機で行く事になったのか。
去年行った時に叔父さんが「今度は飛行機でおいでよ。迎えに行ってあげるから」と言われ次男がすっかりその気になっちゃったからなんですね。
「お母さん。僕飛行機乗った事ないから乗りたい」って。
私なんか初めて飛行機乗ったのは18才の時だよー!
初めてのボーナス握りしめて北海道に行ったんじゃー(4アクセス札幌)
速効却下でも良かったんだけど、その辺は親心?ただ甘いだけじゃん!とも言われそうだけど。
受け入れ先があるなら乗せてもいいかな?とも思ったもんでね。
キッズらくのりというサービスがあり、長男の年齢がギリギリOKだったので最初で最後の子供だけの旅になったのでした。

前置きが長くなりましたが…12時頃に家を出まして、思いのほか道が順調であっという間に羽田に着いちゃいました。
飛行機はANAなので第2ターミナルのPに行ったのですが何と満車!
入るのに40分待ち。
さすがにそれはどーなのよ、と思ったので第1ターミナルのPに移動。
(ここで何も考えずに車を降りてしまったので、帰りにえらい目に合ってしまうのでした)
第1ターミナルにはフードコートがあるのでそっちの方がいいかな?と思い、そこでお昼にすることに。
時間が時間だったのですごく混んでましたね。
何とか4人分の席を確保しそれぞれ好きな物を注文。
ご機嫌でカツ丼を頼んだ長男でしたが、最後の一口を食べ終わった途端に「緊張してきた」と空になった丼にそのままリバース。
よっぽど緊張してたんだろうねぇ。

彼は何に緊張してるのか。
単純に飛行機が初めてで怖いのか、それとも親と一緒じゃないのが不安なのか。
今まで子供キャンプやスイミングのスキー教室など親がいなくても泊りに行ったことはあった。
子供だけで実家に泊まったこともある。
でも乗物に子供だけで乗った事はないんだよね。
後で聞いたら「飛行機に乗るのに緊張した」んだそうですよ。
家を出る前に義兄に「落ちないといいね」と言われたのが引っ掛かったのかな?

とにかく長男の気持ちを盛り上げなくては!と必死。
訳もなく「まだ読んでないから」とマンガを買わされたり、デッキに出て気持ちを切り替えたり、アイスを食べたり(あんまり関係ないか(笑))
とにかく大丈夫だからと安心させておりました。
そのうち落ち着いたみたい。
未経験な事には異様なまでに慎重になる長男。
性格が出てますねー。
その点、能天気な次男。
この二人、足して2で割ったらちょうどいいのに…と思う両親なのでした。

なんだかんだで1時間前になったので登場手続きをする事に。
キッズらくのり専用のカウンターがありまして、そこで手続きをしてると隣の女の子も偶然同じ飛行機だった。
子供一人につき親一人も搭乗口まで付き添いで入れるので4人で中に。
私のベルトが金属探知器に引っ掛かりなぜか4人で爆笑!
こんなシステムがあったのを忘れておりました。
子供たちが乗る大館能代行きの飛行機は空港の端っこが搭乗口だったのであとはひたすら歩くのみ。
動く歩道に乗るんだけど全然着かない。
端から端まで歩ききった感じ。
着いてしばらくすると名前を呼ばれ搭乗口の中へ~。
らくのりで乗る子供は全部で6人いました。
奇麗なおねいさんに連れられて一番に飛行機の中に吸い込まれて行きました。
長男も元気な顔で行ったのでやれやれ…。

この時点で4時ちょっと前。
もうちょっと早く解放されると思っていたのでちょっと焦る私。
急いで車に戻りたい所ですが、延々と歩いてきた道を今度は逆戻りしないといけないんですねー。
歩いても歩いても全然出口にたどり着かなくて。
そうこうしてるうちに子供たちが乗った飛行機はとっくに飛んだと思われます。
あの子たちの方が早く着くんじゃないの?と思うほど出口は遠かったね。
やっとの事で出口に着き、今度は第1ターミナルへ。
今まで散々歩いたのでこの間はあっという間に感じました。
途中でコーヒーを仕入れてPに向かって歩き出しましたが、ここで問題発生。
第1ターミナルにはP1とP2があるんだけど、どっちに停めたか覚えてなくてね。
途中まで行ってそれに気づき、たぶん逆だと思ったので逆戻り。
Pに着いて「こっちじゃない!」とまた逆戻り。
いったい何をしてるんでしょうか、私たち。
広い羽田空港をあっちへ行ったりこっちへ行ったりウロウロウロウロ……。
ものすごく歩いちゃいました。

子供を見送ってから車に着くまで約40分。
すっかり疲れきった私。
しかし本番はこれから。
いざ赤レンガに向けて出発でございます。
コメント

No title

飛行機に初めて乗ったのは
26歳の時のみきにょです。(遅っ!@フロリダ)
息子は3歳の時です(早っ!@北海道)。

それにしても文面から「歩いたっ!」と言う感じが
滲み出ておりますね。
千歳空港で、
端のホテルから、端の搭乗口まで歩いた時だって
「遠っ!」と思ったぐらいですから比じゃないんでしょうな。
しかも行ったり来たりと(苦笑)。
お疲れでございました。
続き、楽しみにしておりますよ~♪

みきにょさま

羽田って広いんだなと身をもって体感してきました。
歩くと分かっていれば心構えがありますからいいんだけど、まさかこんなに歩くとは思ってなかったので疲れ具合はそりゃもう大変な物でしたよ。

フロリダって遠いですよね~。
私も一度行ったことありますよ。
行きはまだ元気があったけど、帰りはヘロヘロでしたもの。
もう行けませんねぇ。
ビジネスクラスでも厳しいでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
投票ボタンです どーぞ!
blogram投票ボタン
成分解析だってさ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

うめちゃん@女将

Author:うめちゃん@女将
ご来館ありがとうございます。
当へっぽこブログ「梅屋敷」管理人、うめ@女将でございます。

管理人が不適切と判断したコメントは削除させて頂きますので、ご了承下さい。

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる